Follow us

Scroll
Page top

佃煮のこと

佃煮の日とは

6月29日は、“佃煮の日”です。

 

全国調理食品工業協同組合が2003年に制定しました。

佃煮の発祥の地である東京佃島の守り神、住吉神社が創建されたのが1946年6月29日であること、“29日”を“ツク”と語呂合わせして、“佃煮の日”と名付けられました。

 

 

 

 

関ヶ原の合戦後、徳川家康が江戸に幕府を開いた際、大阪で受けた恩義を返すべく、佃村(現大阪市西淀川区)の漁民たちを遠く江戸へと招き、天領の小島を分け与えました。

漁民たちは、江戸前の新鮮な海の幸を幕府に献上する栄誉を授かり、その島を故郷の地名にちなんで佃島(現東京都中央区)と名付けました。

佃島の漁民たちが豊富に採れた魚介類のうち、小魚を煮て保存食にしたことが佃煮の始まりと言われています。

 

そして、金沢の佃煮は、加賀藩主が江戸へ参勤交代で通った際、大名土産として持ち帰ったことが始まりと言われています。
昔から伝わる佃煮の製法を大切にし、金沢の和菓子や茶道文化とも融合し、加賀風にアレンジされ今に伝わります。

 

 

ものの食べ方、たしなみ方は、時代と共に変わり、それによってつくるものも変わります。
時代に求められる“食”のカタチを見極め、しなやかな発想で、日本の食文化“佃煮”を受け継いでいきます。

 

 

6月29日“佃煮の日”、おにぎりやお茶漬け、お酒のつまみに、“大畑の佃煮”いかがでしょうか。

icon-iphone

このウェブサイトはタブレットを横向きにしての閲覧に対応していません。
画面を縦に戻し閲覧してください。