Follow us

Scroll
Page top

kurumi no oyatsu

くるくるクルミの3時のおやつ

金沢では、“いつまでも若々しく健康でありますように”と願いを込めてクルミを食べる習わしがあります。

藩政時代、人々は霊峰白山に自生するクルミを拾い、お殿様に献上していました。

クルミは、ミネラルや食物繊維が豊富で、女性にうれしい栄養価も含まれており、良質な油脂がお肌や髪の毛のツヤに良いと、城下町でも評判でした。

結婚式でも、“花嫁が一層美しくありますように”と婚礼のごちそうにクルミの佃煮を添えるほど、金沢で馴染みのあるものです。

そんなクルミを炒って、キャラメリゼ風にしたものが“クルミのおやつ”です。

ローストしたかしクルミに、シロップなどのフレーバーを加えて釜の中へ。

佃煮づくりのわざを活かし、じっくりとからめて火を通しヘラでまんべんなくかき混ぜると、クルミはやがてツヤツヤに。

釜から取り出して冷ますと、表面には自然な結晶が浮かび上がります。

カリッと香ばしく、サクッとやわらかい、金沢発“クルミのおやつ”

フレーバーはメープルシロップ・大野醤油風味・生姜カラメル・黒糖・珈琲です。

icon-iphone

このウェブサイトはタブレットを横向きにしての閲覧に対応していません。
画面を縦に戻し閲覧してください。